事業の目的

国際化促進インターンシップ事業<外国人受入インターンシップ>とは

 国内市場の縮小により、海外事業の拡大を図る日本企業は近年増加していますが、特に中堅・中小企業においては、海外展開を担う「グローバル人材」の不足が課題となっています。
 日本企業における海外展開や新たな視点によるイノベーションの創出等、外国人材の活用は日本企業の競争力強化に資すると考えられますが、特に中堅・中小企業においては、外国人材と働く経験やネットワークの不足により、活用が進んでいないのが現状です。
 そこで、「外国人受入インターンシップ」では、外国人若手人材を対象とした日本企業におけるインターンシップを実施します。これにより、以下の成果を達成することを目指します。

  1. 海外ビジネスの拡大や新たな展開に向けた知見構築
  2. 外国人と働くことや異文化コミュニケーション経験による意識改革
  3. 外国人採用に向けた海外大学等とのネットワーク構築や社内の体制整備

外国人材の皆様へ:
インターンシップに参加して、
日本で活躍しませんか?

 日本でインターンシップに参加することで、日本企業本社の海外ビジネス戦略や日本企業が持つ技能やノウハウを学び、将来日本や母国、世界で活躍できるグローバルリーダーへの成長が期待できます。

「外国人受入インターンシップ」のイメージ

事業の枠組み

企業とインターンは相互に協力し、インターンシップを通じ、目標達成を目指します。
外国人受入インターンシップ事務局は、皆様のインターンシップをサポートします。

事業の枠組みのイメージ

インターンシップスケジュール

2017年度は以下のスケジュールで実施します。

インターンシップスケジュールのイメージ

詳しくは募集概要ページをご覧ください。

  • 企業<受入先>はこちら
  • 外国人材<インターン>はこちら

用語の定義

当事業における「インターンシップ」、「企業」、「インターン」、「審査委員会」の定義はこちらから確認ください。